ニュース

  • 2016.1.5

    新年のご挨拶

    photo

    新年おめでとうございます
    旧年中はたいへんお世話になりました。
    TokyoCottonVillageは拠点を失うなど大変な年でもありました。
    しかし畑や糸つむぎワークショップの継続によって多くの出会いに恵まれました。
    クローズ後も常に様々な試みを続けておりますが形に出来ておりません。
    しかしまだ万策尽きてはいないと信じています。
    上手くいかない方法をいくつか発見してしまっただけ、と思うようにしています。
    100年近くも国内産業において必要とされず、絶滅しかけたところで引っ張り上げようという作業です。
    簡単なワケないですよね。。

    しかも、楽しみながら。懐かしさよりも「新しさ」を感じつつ。
    衣の自給を辞めて約100年、国策、産業、社会、環境、いわゆる時代が激変しました。
    戦後から70年経って再度戦争の危機を感じてみたり、
    原発は安全な未来のエネルギーでは無いことが判明したり、
    危機は他人事ではないところまで来ていることに気づいていなかったり、
    生きることは食べること、しかしその食物は日々汚染している土から成っています。
    土壌汚染、大気汚染、海洋汚染、人間の営みとは罪なものですね。

    本年TokyoCottonVillageは9年目を迎えます。
    継続の理由は、和綿を通じた楽しみの中に、現代社会にこそ必要な「気づきと閃き」があるからに他なりません。
    衣の自給を感じながら考える時間を創出。
    多くの方々と共に継続していきたいと考えております。

    何卒よろしくお願い申しあげます。

    TokyoCottonVillage
    トミザワタクヤ