ニュース

  • 2016.1.1

    くすのき園との取り組み
     - 木製スピンドル制作 –

    photo

    くすのき園との取り組み

    トウキョウコットンビレッジでは、和棉を栽培し、棉から糸にするワークショップを開催したりと和綿の文化を広める活動をしています。

    糸を紡ぐ道具には糸車や機械などもありますが、コットンビレッジでは手で紡ぐことができる『木製スピンドル、糸紡ぎコマ』という道具を使用しています。そのスピンドルはこの『知的障害者授産施設くすのき園』にて制作していただいているのです。

    和棉を通じた社会活動のひとつとして、糸つむぎに欠かせないスピンドルの製作をお願いできる福祉作業所を探しておりました中で出会い、木工制作の取り組みが始まりました。ひとつひとつ手作業でやすりで磨かれていますので形はそれぞれで味があります。

    くすのき園は、大田区に在住する18歳以上の知的障害を有する方で一般就労及び日常生活が困難な方に対し仕事を通しながら社会参加への道を開く施設です。